インテリア要素から見ても優秀なソファベッド

トップ > ソファベッドで快適な部屋作り

ソファベッドで素敵な空間を演出

インテリア家具としての要素を含みながら、機能面でも優れていると言う素敵な家具であるソファベッド。ソファベッドやベッドの本来の目的は快適な睡眠を得る為の家具(寝具)です。

しかし、最近のデザインの優れたベッドやソファベッドは、その快適な睡眠を犠牲にすることなくインテリア家具として成長してきました。今回はこの素晴らしいインテリア家具であるソファベッドをうまく活用して、みなさまに素敵な寝室作りのインテリアコーディネートを学んで欲しいと思います。

 まずはソファベッドの特徴を捕らえよう

このソファベッドについては皆さんもよく御存知かと思います。ソファベッドと言う名前を皆さんも聞いた事が有るか、と思います。このソファベットとはその名の通り、ベッド、言ってみれば寝台の機能を持ち合わせたソファの事を指しています。

またこのソファベッドは一台でソファ、そしてベッドの役割を両方を果たしています。またこのソファベッドはこうした性格を持っているが為に、あるメリットを持っています。ソファベッドはその為スペースを有効に使う事が出来ます。

こうした事から限られた場所を有効に使いたいと言う人々に特に人気の有るインテリア家具、それがソファベッド!
この便利なインテリア家具であるソファベッドをもう少し掘り下げて紹介していきます。

 ソファベッドの基本形:横長のソファベッド

先にこのソファベッドについて紹介しましたが、ソファベッドと一口に言っても色々なソファベッドが有ります。最初に紹介するのが横長のソファベッドです。この横長のソファベッドを皆さんは御存知でしょうか。

もっともこの横長のソファベッドと言っても色々と有るのですが、その内背面部分を後ろに倒すことで、そしてフラットな状態になると言うタイプが、この横長のソファベッドと呼ばれる種類のソファベッドです。

この種類のタイプがソファベッドの主流でもあります。横長のソファベッドの場合、ベッドとしての機能を重視して作られています。その為横長のソファベッドの場合、その寝心地がよくなっています。ですがその分サイズが少々大きいのが、横長のソファベッドの難点でもあります。

 引き出すタイプのソファベッド

ソファベッドにも色々な種類が有る事を皆さんには紹介しました。先には例えば横長のソファベッドについて紹介しました。それ以外には此処で紹介する引き出すソファベッド、と言うのも有ります。この引き出すソファベッドと呼ばれる種類のソファベッドを皆さんは御存知でしょうか。

この引き出すソファベッドと呼ばれる種類のソファベッドの場合、手前に座面を出すタイプのソファベットです。この種類のソファベッドですと、特にスペースを取りません。必要に応じて引き出しをしまっておく事も出来ます。その為ソファベッドの中でも人気のインテリア家具です。

またこの引き出すソファベッドの場合、場所を取らない以外に他にもメリットが有ります。この引き出すソファベッドの場合、その見た目も一見するとソファにしか見えないものも有ります。従ってそのデザイン性に優れた寝具で、インテリアとしても最適な家具のひとつです。

インテリアコーディネートを目指すのであれば、この素敵なインテリア家具である引き出すタイプのソファベッドとは切っても切れない関係になっていくことでしょう。またこの引き出すソファベッドにも色々な種類が有ります。

例えばマットレスを折りたたんで重ねてあるのを前にパタンと出すタイプのソファベッドが有ります。これですと横から見ると折りたたんであるのがよくわかります。またスライド式になっていて、前方に引き出すとベッドになるタイプのソファベッドも有ります。

特に高級ホテル等のエキストラベッドとしてよく使用されている機械式のソファアベッドは、マットレスを座面下に収めてあるもの等も有ります。インテリア的な要素もあるので、やはり素敵なソファベッドであることはまちがいありません。こうした形のソファベッドを御覧になった経験が有るのではないでしょうか。ソファベッドと一口に言っても色々なタイプのソファベッドが有る事が皆さんにもお分かり頂けるか、と思います。

如何でしたか。ソファベッドと言っても実に色々なソファが有る事をお分かり頂けたでしょうか。現在この記事を御覧の皆さんにも是非そんなソファベッドについて理解を深めて頂けたら、と思います。インテリア目的の方も、ソファベッドの使い方を色々考えてみてください。ソファベッドと他のインテリア家具との組み粟などを考えるのは非常に楽しいですよ。

ベッドやソファベッド等のインテリア家具とも相性のよいインテリア照明

ソファやソファベッド等のインテリア家具と相性のよいインテリア照明に注目して紹介しています。
皆さんがもしこのインテリア照明に関して理解をしていけば、インテリアコーディネートについてもっと深く理解出来るのではないでしょうか。

インテリアには照明の配光パターンが深く絡んできます。皆さんの家にもインテリア照明器具が有るかと思います。そんなインテリア照明器具が色々な向きに光を出す事を専門用語で配光と言いますが、そんなインテリア照明器具がインテリア家具等の野対象物を照らすパターンは五種類に分ける事が出来ます。また光の出る方向や強さによって、インテリアとしての魅せ方、空間の印象は変わってきます。

現在この記事を御覧の皆さんがインテリア家具の魅力を更に上げてくれる照明について興味をお持ちでしたら、是非ともこのインテリア照明器具にも注目して頂きたい、。インテリアコーディネートについて考える上で知っておきたいインテリア照明器具、及びインテリア照明に関する知識について紹介して行きます。

 全般拡散配光をインテリアに活かす

此処ではインテリアについて考える上で知っておきたい配光のパターンと言う事で紹介しています。最初に紹介するのは全般拡散配光と呼ばれる配光です。

一光源から出た光が全方向に広がると言う配光パターンになります。この全般拡散配光の特徴は、眩しさや陰影を抑えたやわらかい光で、部屋全体を均一に照らす方式です。

部屋全体のインテリア効果を上げる目的や、生活での利便性を上げる目的で使用されている照らし方。この全般拡散配光は住宅で一番多く使われているタイプに該当します。インテリア家具を均等に照らしてくれるので、部屋全体のトータルコーディネートを目指したインテリアで統一している場合にも有効な照らし方です。

 直接配光をインテリアに活かす

次に紹介するのはこの直接配光と呼ばれる配光です。直接配光とは光源から出る全ての光が下に向かって直接照らすパターンと言う事です。

また直接配光は部分的は照射になります。従って直接配光の場合、一部では暗いところが出てきます。インテリア目的での使用であれば、そのコントラストが良い味になります。インテリアコーディネートの参考にしましょう。

 半直接配光をインテリアに活かす

先に直接配光について紹介しました。ですが直接配光の他に半直接配光と呼ばれる形式も有ります。この半直接配光の場合は、光源の回りが半透明のカバーに囲まれています。ですので大半の光は下方向へ伸びる形となっているのが特徴。

ですが一部の光は上方向へ向かって照らすパターンです。一部のインテリアアイテムをライトアップする目的に使われるパターンが基本ということになるでしょう。

 半間接配光をインテリアに活かす

此処ではインテリアについて考える上で知っておきたい配光のパターンについて紹介しています。先に直接配光、及び半直接配光について紹介してきました。これらの他には半間接配光と呼ばれる形式が有ります。

この半間接配光とはその一光源の回りが半透明のカバーで囲まれている形式です。そして半間接配光の場合大半の光は上方向へ向かい、そして残りが下方向へ照らすと言うパターンです。特徴としては、光源自体が直接目に入り込むことがないと言った点が挙げられます。その結果この半間接配光は柔らかい雰囲気が特徴ですね。

寝室での快適な安らぎを得る効果にマッチする照らし方です。ソファベッドで読書を楽しんだりするときにもマッチすることでしょう。この照らし方は柔らかな明かりで気分を安らかにしてくれると言うことをインテリアコーディネートに活かしましょう。インテリア家具と相性のよい照らし方ということですね。

間接配光をインテリアに活かす

上で半間接配光について紹介しました。半間接配光が有れば間接配光も存在しており、間接配光は光源から壁や天井に一度あてる形が特徴で。その反射を利用して空間を照らすパターンです。

間接配光は天井等を高く見せる効果が得られるのが嬉しいところ。また眩しさの無い光を作ることが可能です。こうした間接配光、並びに先に紹介した半間接配光の特徴を生かして、皆さんの家や部屋のインテリアについて考えてみるのもいいのではないでしょうか。

インテリア照明と他のインテリア家具を組み合わせることによって、更なるインテリア効果、インテリアコーディネートの楽しさがわかってくることになるでしょう。

Favorite

最終更新日:2016/10/11