インテリア業界の将来性

トップ > インテリア業界の未来

インテリア業界の未来

近未来の建築物と未来のインテリア空間を創造するデザイナーズマンションやデザイナー設計の住宅販売などの人気加熱を背景に、これまで以上にインテリア・建築業界は注目を浴びています。

最近は、一般の人の間でもインテリアに対するニーズが高まりつつあるようです。それは住宅リフォームです。ソファの座り心地を確かめるぐらいは個人でも出来ますが、自宅のリフォームにプロのアドバイスを求める人は急増しています。それは、住宅に関してユーザーの求めるレベルは高く、個人のライフスタイルや趣味に合わせた「自分らしい住空間」を求めるようになってきているからと言えるでしょう。

今後の住宅リフォーム市場は、「世帯数の増加」・「80年代のリフォーム適年齢住宅ストックの増加」・「住宅リフォームの支出を支えている高齢者の増加」など様々なプラス要因により2015年をピークとして2010年7兆4千億円、2020年には9兆円になると推測されいてる今後注目される市場です。

それにより快適な住空間をトータルに提案することができるインテリアコーディネーターを求める需要はさらに拡大していき、個人の住宅を手がけるケースの多い建築士と組んでフリーで活躍していくコーディネーターもますます増加していくことでしょう。もちろん、家具などのベッドの種類も増加していくことになります。

建築・インテリア業界の平均年収

インテリアコーディネーターの資格試験を合格した後、インテリア業界に就職した場合の年収は平均400〜500万円くらいだと言われています。この業界でも高い評価の資格なので、建築・インテリア業界の企業の場合だと資格手当を支給しているところでは、一般社員より優遇される場合が多いようです。また設計部門など専門的な仕事につきスキルアップできれば高収入も期待できるでしょう。

フリーで活躍しているインテリアコーディネーターの収入は、設計事務所や住宅メーカーとの契約、顧客との直接交渉などによって決定します。フリーになると住宅ができ上がるまで何度も細かい打ち合わせを行うため外出が多くなり、クライアントへの訪問が夜になることもあり、勤務時間は一般社員より長くなりがちになるという場合もあります。しかし、フリーのインテリアコーディネーターは実力次第によって年収1000万円という高収入も可能になってきます。ベッド等のメリットを相手にうまく伝える話術も必要になってきます。