インテリアとして幅広く利用できるソファ

トップ > ソファはインテリアの基本家具

ソファという家具はインテリアコーディネートの基本アイテム

皆さんはソファを御存知でしょうか?
勿論この質問に関しては聞くまでも無く、皆さんはソファを御存知ですよね。
現在ソファはインテリア家具として扱われ、インテリアとして欠かす事の出来ない存在になっています。

この記事を御覧の皆さんの家庭にも、必ずと言っていい程ソファが有るのではないでしょうか?
部屋での存在感が大きいインテリアほど重要なものはありません。可愛い雑貨やインテリア小物などももちろん空間演出の上で必要なアイテムではありますが、メインカラーになる壁紙やベット、ソファなど大きいものほどその部屋に大きな影響を与えます。 そんなインテリア家具のソファのあれこれについて私が思うことを紹介します。

この記事を御覧になった皆さんが、インテリア家具としてのソファについて興味を抱いて頂ければと思います。

ソファの特徴をつかみインテリアコーディネートに活かそう

ソファとは別にソファーと言う呼び名もあるということは、気づいている方も多いのでは?
英語ではsofaと表記します。勿論この表記、呼び名は英国等で用いられます。このソファは元々はアラビア語の suffah に由来しています。ソファと言う呼び名が私達に定着していますが、その一方でソファにはカウチと言う言い方も有ります。

皆さんもカウチポテト等と言った言い方でこのカウチは御馴染みかと思います。カウチは英語ではcouchと表記します。カウチは北米を中心に用いられていますが、この語源は古フランス語でベッドを指すcoucheに由来している、と言われています

またソファに似たものとして、色々な呼び名が有ります。例えばカナペはフランス語のCanapに由来し、フランス語での呼称となっていますが、このカナペを皆さんは御存知でしょうか。

カナペは椅子に似た家具の一種です。このカナペもソファに似ていますが、後ろには背もたれが、そして左右には肘掛けが有ります。またこのカナペは、座面や背もたれ等の部分は軟らかくそして快適で、尚且つ一人から数人が座ってくつろぐ事が出来るようになっているものを言うのです。またソファにはセッティと言う言い方もるようです。

セッティはセッティーとも言って、英語のsetteeに由来します。またソファにはチェスターフィールドと言う言い方も有ります。これは英語のchesterfieldに由来しているとか。このようにソファ、或いはソファに似た物には色々な言い方が存在しているようです。座れる人数や形状等、国や地域によって、これらの語の指す種類には相違もあったりと結構奥が深い家具なのです。

ところでこのソファはどのように使うのでしょうか。ソファは家人や来客がゆったりとくつろぐ事が出来るようにする為にあるということはご存知でしょう。ではソファは一体何処に置かれるのでしょうか。ソファは家庭のリビングルーム(居間)やラウンジ(客間等)や応接室、或いはオフィスやホテルの部屋等に置かれる事が多くなっています。また一口にソファと言ってもソファにも色々な物が存在しているのです。

ソファの大きさにも種類があり、一人用や二人、或いは三人用等と言った感じです。皆さんの家にはソファが有るでしょうか。もっともスタンダードなのは三人用のソファですが、他にも色々な大きさのソファもあったりするのです。皆さんの家のソファはどのような大きさでしょうか。またソファの置き方、並べ方にも色々なパターンがあるのですよ。

例えばテーブルを挟んで複数のソファを対面させたり、或いは部屋の角等に合わせてコーナーを形成するようにソファを並べる事も有ります。皆さんの部屋の形、或いは皆さんの好みに応じてソファにも色々な置き方が可能です。このような組み合わせが出来る事からインテリアの基本となる家具の位置づけにソファがあるのです。インテリアにも絡んでくる家具の要因として、ソファの素材をわすれちゃいけません。

ソファの素材と言ってもこれまた色々な素材が使用されており。ソファの表面は革張りのものが存在しているのです。革にも本革、天然皮革、それに人工皮革や布張りのものも存在しているのです。

またソファには枠が有ります。その枠は木や金属と言った素材で構成されてるのが特徴。ソファの内部には座り心地をよくするクッションセット言う形が基本。ある意味ソファにはクッションが欠かせません。そしてソファのクッションにも色々な物が用いられており、それにはコイルばね、スポンジ、ウレタン等弾力性の有るクッション材が用いられているようです。

ソファの用途としてソファは背もたれに背を乗せて座る為だけではありません。ソファにはソファの上に横になって寝る為の寝椅子としての用途も含まれているのです。

インテリアコーディネーターに近づく為のインテリア家具情報

ここではインテリアに関する情報として、インテリア家具の代名詞であるソファの種類について紹介しています。
各種インテリアソファの特徴を抑えることによって、インテリアやインテリア家具に関する知識が深まり、部屋のインテリアコーディネート術が身に付く事でしょう。

インテリアコーディネーターを目指す方には必須となるインテリア家具となりますので、しっかりとインテリア・ソファについて学んでおきましょう。

 インテリアの基本の家具:一人掛けソファ(1P)

インテリア家具として有名すぎる一人掛けのソファ、全てのインテリアの基本となりえるインテリア家具。このインテリアの基本ともいえる一人掛けのソファには別の呼び名で呼ばれていることも。

こちらの一人掛けのソファというインテリア家具はパーソナルチェア、或いはパーソナルソファ等とも呼ばれます。またこの一人掛けのソファの場合、インテリア目的で三人掛けソファと一緒に購入されることが多くなっています。

ですが、くつろぎのインテリア家具として、一人掛けのソファを単体で置くと言う方法も中々素敵だと思います。皆さんも素敵なインテリア家具の一人掛けのソファを試してみませんか。

 リラックス効果を高めるインテリア家具:足掛け

このインテリア家具はソファ単体ではないのですが、ソファに欠かす事の出来ない、言ってみればソファの付属品と言うべき物について紹介します。その最初に紹介するのがソファの足置きです。皆さんの家にはソファが有るでしょうか。皆さんがソファをお持ちだとしたら、このソファの足置きをお持ちでしょうか。

ソファの足置きはオットマン、スツール、フットスツール等のインテリア家具が存在しており、これらのソファの足置きは、パーソナルチェアとセットで使われる事が基本といっても良いでしょう。皆さんもソファ以外に、是非このソファの足置きを使ってみては如何でしょうか。 インテリアとしての部屋のアクセントにもぴったり!私個人的にもオススメのインテリア家具のひとつです。

 空間の低い場所の演出に役立つインテリア家具:ローソファ・フロアソファ

次に紹介するのインテリア家具はローソファ、或いはフロアソファと呼ばれるソファです。このローソファ・フロアソファと呼ばれるインテリア家具には大きな特徴が有ります。

それはローソファ・フロアソファのインテリア家具は、高さが無い点です。従ってローソファ・フロアソファには圧迫感がなく、その結果部屋を広く見せると言ったインテリア効果が有ります。このローソファ・フロアソファの場合、特にモダンな雰囲気を醸し出すインテリア家具として人気が有ります。

 正しい姿勢が意外と心地良いインテリア家具:ハイソファ

上でローソファ・フロアソファについて紹介したので、次にこのハイソファと呼ばれるインテリア家具について紹介します。皆さんもお気づきかと思いますが、ハイソファはローソファに対する呼び方のインテリア家具です。

これは昔からあって、足底を床につけて座る普通のソファの事です。このハイソファの場合、ローソファに比べて立ち座りが楽です。ハイソファと呼ばれるインテリア家具にはこのような特徴が有るわけです。

check

Last update:2016/7/11